お知らせ

イベントや講演会などの情報やちらくに関わる最新情報を掲載しています。

ちらくism

野沢和弘コラム

[ プロフィール ]
野沢和弘/千楽chi-raku 副理事長 静岡県熱海市出身。1983年早稲田大学法学部卒業、毎日新聞入社。いじめ、ひきこもり、児童虐待、障害者虐待などを報道する。論説委員(社会保障担当)を11年間務め、2019年10月退社。現在は植草学園大学副学長・教授、一般社団法人スローコミュニケーション代表、東京大学「障害者のリアルに迫るゼミ」主任講師、社会保障審議会障害者部会委員、障害者政策委員会委員なども務める。
重度の知的障害(自閉症)の子がいる。浦安市に住んでいる。
主な著書に「スローコミュニケーション~わかりやすい文章、わかちあう文化」(スローコミュニケーション出版)、「なんとなくは、生きられない。」「障害者のリアル×東大生のリアル」「条例のある街」(ぶどう社)、「あの夜、君が泣いたわけ」「殺さないで~児童虐待という犯罪」(中央法規)、「わかりやすさの本質」(NHK出版)、「福祉を食う~虐待される障害者たち」(毎日新聞社)「なぜ人は虐待するのか」(Sプランニング)など。

就労移行支援事業

就労を希望する障がいのある方に対し、生産活動や職場体験、その他の就職に必要な訓練、求職活動に関する支援や職場開拓、就職後における職場への定着のために必要な相談、その他の必要な支援を行います。

えるワーク

モデル就労プログラムや、実践的な施設外就労及び在宅就労を中心とした訓練を通して、一般就労を目指します。

メロディーフラッグ

実践的な社会訓練や社会人マナー・コミュニケーションスキル向上プログラムを通して就労を目指します。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
Copyright © NPO法人 千楽 chi-raku