お知らせ

イベントや講演会などの情報やちらくに関わる最新情報を掲載しています。

ちらくism

野沢和弘コラム

[ プロフィール ]
野沢和弘/千楽chi-raku 副理事長 静岡県熱海市出身。1983年早稲田大学法学部卒業、毎日新聞入社。いじめ、ひきこもり、児童虐待、障害者虐待などを報道する。論説委員(社会保障担当)を11年間務め、2019年10月退社。現在は植草学園大学副学長・教授、一般社団法人スローコミュニケーション代表、東京大学「障害者のリアルに迫るゼミ」主任講師、社会保障審議会障害者部会委員、障害者政策委員会委員なども務める。
重度の知的障害(自閉症)の子がいる。浦安市に住んでいる。
主な著書に「スローコミュニケーション~わかりやすい文章、わかちあう文化」(スローコミュニケーション出版)、「なんとなくは、生きられない。」「障害者のリアル×東大生のリアル」「条例のある街」(ぶどう社)、「あの夜、君が泣いたわけ」「殺さないで~児童虐待という犯罪」(中央法規)、「わかりやすさの本質」(NHK出版)、「福祉を食う~虐待される障害者たち」(毎日新聞社)「なぜ人は虐待するのか」(Sプランニング)など。
 · 

【2022年卒 新卒採用】就職フェア出展情報!

NPO法人千楽chi-rakuでは、2022年卒向け就職フェア【FUKUSHI meets! 2022】に出展いたします。

今年はオンラインでの開催となりますが、現場スタッフと一緒に働き方や千楽chi-rakuのおすすめポイント等をご紹介!

皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

 

≪開催日程≫

3月26日(金)13:00~17:00

5月30日(日)15:00~18:00

 

⇒お申込みはコチラ!

詳細・申込はこちら ▶ https://fair.f2f.or.jp/

実際に参加した先輩の声 ▶ https://youtu.be/BXgvsZe3YYY

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

\福祉はますます、キミを求む。/

2022年新卒向け福祉就職フェア「FUKUSHI meets!」

 

進む少子高齢化。貧困や障害や居場所づくりや生きづらさや、社会の課題は多様化し続けています。

一人ひとりが自分らしく幸せであるために、もっと福祉が必要です。言いかえれば、ますますあなたが必要です。

 

2022年新卒向け「FUKUSHI meets!」は、2-6月に全日程オンラインで開催します。

テーマごとに、全国どこからでも参加できて、ライブ配信で福祉のリアルが知れるフェア。

いつでも、何度でも、ぜひご参加ください!

 

 

 

[主催]

一般社団法人FACE to FUKUSHI

 〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-4F-106

 TEL:06-4799-0108

 MAIL:fukushigoto@f2f.or.jp