お知らせ

イベントや講演会などの情報やちらくに関わる最新情報を掲載しています。

ちらくism

野沢和弘コラム

[ プロフィール ]
野沢和弘/千楽chi-raku 副理事長 静岡県熱海市出身。1983年早稲田大学法学部卒業、毎日新聞入社。いじめ、ひきこもり、児童虐待、障害者虐待などを報道する。論説委員(社会保障担当)を11年間務め、2019年10月退社。現在は植草学園大学副学長・教授、一般社団法人スローコミュニケーション代表、東京大学「障害者のリアルに迫るゼミ」主任講師、社会保障審議会障害者部会委員、障害者政策委員会委員なども務める。
重度の知的障害(自閉症)の子がいる。浦安市に住んでいる。
主な著書に「スローコミュニケーション~わかりやすい文章、わかちあう文化」(スローコミュニケーション出版)、「なんとなくは、生きられない。」「障害者のリアル×東大生のリアル」「条例のある街」(ぶどう社)、「あの夜、君が泣いたわけ」「殺さないで~児童虐待という犯罪」(中央法規)、「わかりやすさの本質」(NHK出版)、「福祉を食う~虐待される障害者たち」(毎日新聞社)「なぜ人は虐待するのか」(Sプランニング)など。
 · 

【うらやすゼミ開講】若者×発達障がい

2020年6月に開所した浦安市発達障がい者等地域活動支援センター【ミッテMitte】にて、浦安市内に在住または通学の中学生・高校生や大学生などの学生を対象に、「うらやすゼミ」を開講します。

うらやすゼミでは、毎回ゲストとしてお呼びする発達障がいのある方や支援者の方などの経験談・ライフストーリーなどの「語り」を中心にした講演、そしてゲストと学生との「対話」を通して、皆さんが「発達障がい」だけにとどまらず「障がい」や「福祉」「社会」について自由に「感じ」「学び」「語り合い」「考える」ことができる場を目指します。

皆さんのご応募・ご参加、お待ちしています!

 

参加ご希望の方は

下記パンフレットのQRコードまたは【こちら】からgoogleフォームにてお申込みください。