会社名



  日東電工ひまわり株式会社


日東電工株式会社創立80周年の時に、「企業として存続・発展してこれたのは社会と地域のおかげである」という思いから、既に法定雇用率を達成していたにも関わらず、障がい者・高齢者の雇用の場を創造していこうという考え方から設立された会社です。

 会社名  日東電工ひまわり株式会社
 親会社  日東電工株式会社 
 所在地

 愛知県豊橋市中原町字平山18番地

 設 立  2000年5月
 資本金  2,000万円
 事業内容

・テープ事業 (各種粘着テープの切断・包装・梱包)
・印刷事業  (名刺、各種パンフレット、教育テキストなどの印刷)
・再生事業  (製品搬送用容器類の清掃、産業廃棄物の再生作業)
・クリーニング事業(クリーンスーツ・靴・マスク等防塵服のクリーニ

 ング)
・SSC事業(紙ベース保管の図面・重要書類等の電子化)
・緑化事業(芝の手入れ・草刈等)

 障がいのある

 従業員数

 62名   ※2012年3月現在
 身体障がい者   11名(5名)
 聴覚障がい者    5名( 3名)
 精神障がい者    6名
 知的障がい者   21名(8名)
 ※( )は重度障がい者人数

『自立への意欲ある障がい者』と『障がい者に理解ある高齢者』が共に障がいの有無を乗り越えて協働し、同じ目的に向かって助け合い、共に工夫をし、切磋琢磨しながら仕事を通じて無限の可能性に挑戦する会社を実現し社会に貢献していきます

教育奉方針:仕事に対する「情熱」「忍耐力」「技能」を育成する。

社会人としての自覚

会社生活においては自力通勤を前提に、例えば体調不良などでの欠勤や遅刻をする場合にも自分で会社へ連絡することを徹底するなど、社会人としての自覚を促している


各種教育制度をうまく

用する

技能的な研修はOJTが中心となるが、安全教育や設備の操作などは親会社の教育プログラムや設備も利用している。

半年ごとの目標設定

個人の適性などにも配慮できるよう、仕事に直接関わらない事も含めて半年毎に挑戦目標を設定して社員全員で共有し、進捗状況も分かるようにしている。

インセンティブ制度の運用

自分で考える力を養うため、「安全性」「品質」「業務効率」について気付いた事などを提案できる制度を実施し、インセンティブ(表彰金)制度も運用している


代表取締役 庵原様)

「仕事の技能や知識は会社に入ってからでも充分覚え・習得することができます。入社前の準備などは、しっかりと挨拶ができる事、時間を守る事など規則正しい生活習慣を身に付け、社会人として恥ずかしくない行動がとれる事が大切だと思います。」と庵原議(いはらはかる)代表取締役。「地域の就労支援団体とも日常の仕事や生活ぶりを共有できる関係を構築し、就労の安定や自立を多角的にバックアップしています。」

 

 会社見学  随時ご連絡下さい。
 連絡先

 TEL 0532-41-7207 (代表) 担当:宮田幸久

 採用情報  現在は採用の情報はありません。

年に1度の交流の場

年に1回、障がいを持った社員の父兄との交流の場として「ハートフル会」を開催しています。また、夏には社名にちなみ家族・近隣の自治会・福祉施設・OBの方々を交えて“ひまわり観賞会”も開催。親睦を深めています。

 

プロ意識が大切!
 会社内をていねいに案内してくださった山口さん。「仕事でミスをすると次の注文がこなくなってしまいますから!」とプロ意識もお話いただきました