会社名



  ハートランド株式会社


ハートランドは親会社である文房具・事務機器メーカーで有名なコクヨグループのノウハウにはない農業を仕事としたグループ2つ目の特例子会社です。

コクヨグループで最初に設立されていた特例子会社コクヨKハート株式会社では名刺作成やリーフレットなどの印刷事業を主にコクヨグループからの受託を事業としていますが、更なる障碍者雇用推進の為「知的障碍の方、精神障碍の方に相応しい仕事を」「障碍者が働く喜びを感じ、主役となって働ける場を作る」という明確な目的でほうれん草などを水耕栽培し販売する事を事業としました。

 会社名  ハートランド株式会社
 親会社  コクヨ株式会社 
 所在地

 大阪府泉南市幡代2018番地 かるがもの里

 設 立  2006年12月
 資本金  100万円
 事業内容

 軟弱野菜の水耕栽培(サラダほうれん草、リーフレタス等の軟弱野菜)

 

 従業員数

 12名   ※2011年1月現在
 知的障がい    7名(4名)
 精神障がい    1名
 ※( )は重度障がい者人数

『商品を通じて社会に貢献する』(コクヨの企業理念)
『お互いに尊敬・尊重し障碍者の自立支援と社会貢献の一翼を担う』(特例子会社の理念)


標語 「助け、助けられ明るい会社を作りましょう」 
行動指針 『愛多く』
あ=あきらめず
い=いばらず 
お=おこらず、おこたらず
お=おもいやりをもって
く=くじけずに頑張ろう

 

(スミセイハーモニー様から頂いたスローガン)

水耕栽培を通して責任を自覚

農業の、特に水耕栽培の仕事は近代的な設備を基盤にして計画的な作業が可能です。冬でも雨でも単純な繰り返し作業をする事ができ、力仕事も少ないのが特徴で、「知的障碍者の適性にあう仕事が多いのです」とのこと。障碍者の方々が仕事を覚えやすくまた管理もしやすいので、OJTの中で作業の習熟度を上げ、ひとつの工程を担当していくことで仕事への責任を自覚しやすいのも水耕栽培の特徴です。

“収穫の喜び”で“成果を実感”

農業は、種をまいて発芽し生育していく様を実感できます。収穫したほうれん草を包装・箱詰めしていく仕事の各段階で、その工程毎の完成度が分かりやすく計れるのも農業ならではの特徴かもしれません。収穫の喜び=仕事の成果とすれば、これほど成果が分かりやすい仕事も他には少ないかもしれません。

ノウハウ蓄積と

存在意義の実感

会社設立にあたっては「障碍者が主役になって仕事ができる事」を命題にしたという同社では、多くの議論の結果としてコクヨグループのノウハウにない農業を選択しました。「ノウハウやグループ内でのシナジー(相乗効果)がない分、自分たちで学び、障碍者の方々と一緒に苦労を重ねてきたことで人の痛みが分かるようになって、本当の意味での会社の“存在意義”を深く考えました」。設備投資、品質の安定・向上、販路開拓など多くの事業運営に関する課題を解決しながら、水耕栽培のノウハウが着実にコクヨグループのノウハウになっています。


「例えば、歳をとると老眼になります。細かな字が読めなくなりますが、老眼鏡を使うことでその障碍を克服している方がたくさんいますよね。読めないのではなく見えなかったんですよね」。

 

本人や支援をされている方、ご家族が障碍を正しく理解し、その障碍を補完するモノや手段を正確に利用できれば可能性が大きく広がるはずです。 

 会社見学  随時ご連絡下さい。
 採用情報

 現在は採用の情報はありません。

 連絡先  TEL 072-480-0567(代表)  担当:木原

水耕栽培の設備

働く障碍者が主役のハートランド。主役が活躍できる為の設備や環境を整えるのが、「会社や上司の仕事」です。

コクヨブランド
ほうれん草などを流通させる際、農協やスーパーへ営業する時に比較的スムーズにお話が進むことがあるそうです。ハートランドの品質改善や安定供給が大前提になりますが、コクヨグループという企業への信頼のブランド力も強みになっています。

『障がい』を持つことは“害”ではありません
コクヨグループでは、障がい者を表現する時に「障碍者」という字を使用しています。 
戦前「障碍者」と書いていた“碍”の字が、戦後当用漢字が制定された際に制限され、障害者と一般的に表現されるようになりました。“碍”という字の意味は、人が大きな岩を前にして思案し悩んでいる様子を示した字だそうで、決して“害”ではないという意味合いを込めて“碍”を使用しています。(本文中も“碍”を使用致しました)