会社名



  株式会社キューピーあい


「本気」「元気」「勇気」の3つの「気」が充満する会社・・・それが、株式会社キユーピーあいの目指す姿のひとつです。

その目標どおり、「元気」いっぱいの社員の皆さんは、毎日の仕事に取り組む中、様々な工夫や改善を「勇気」を持って積極的に提案し実行しています。

例えば、リラクゼーションルームの利用状況のボードがそれ。ここで働く視覚障がいのある社員が自ら考え、 触感だけで把握できるようにしたそうです。
社内のあちらこちらで目にする“工夫や改善”も最初の一歩は「勇気」が必要なはずです。 そしてそのための「勇気」は、仕事に対して、会社に対して「本気」で取り組んでいるからこそ沸いてくるもの。

グループ会社からの受託業務に加え、チラシやPOP等の作成、ホームページの制作・更新など、 着実に職域を広げている同社では、障がいのある社員の皆さんの「本気」「元気」「勇気」のある取り組みで、 グループの中での存在感も日に日に大きくなっています。

 会社名  株式会社キューピーあい
 親会社  キューピー株式会社
 所在地

 東京都町田市小山ヶ丘4-3-3

 設 立  2003年6月20日
 資本金  3,000万円
 事業内容

【本社】
 各種入力業務、伝票照合・科目仕分等の経理業務、契約書管理、  食堂・売店・喫茶の管理運営、発送代行業務、各種印刷業務、リラクゼーション業務、ユニフォームレンタル業務、 グランド等福利厚生施設管理業務、切手・印刷販売業務、ホームページ制作・更新管理業務

【渋谷事務所】
 メール室管理業務、リラクゼーション業務、電子文書化業務、発送代行業務、各種入力業務

 障がいのある

 従業員数

 31名   ※2012年4月現在
 知的障がい者    7名
 聴覚障がい者    2名
 視覚障がい者    3名
 肢体障がい者    7名
 精神障がい者   10名
 内部障がい者    2名

 

1.社員一人ひとりが、会社に雇われているのではなく、自分が会社を支えているという意識に変わる。(素早い決断が先行)

2. 自分の仕事だけでなく、周囲の仕事にも興味を持ち、積極的に参加していく姿に変わる。

3.本気、元気、勇気の三つの気が充満する会社に変わる。

まずは2週間の実習で

キユーピーあいで仕事をスタートする前に、まずは2週間の実習を受ける方が大半です。 実習では、先輩社員の指導の元に、主に業務の流れ(実務)を習得しながら、自分が抱いている “キユーピーあいでの仕事”のイメージと合っているか?を確かめ、また会社側も個人の適性を確認します。


他部署での経験がその後役立つ

入社後は新入社員研修を受けます。社是・社訓、就業規則からビジネスマナーまで、社会人として 同社に勤めるにあたって必要な基礎知識を学びます。また、体験として自分の配属予定以外の部署での仕事も経験します。 この他部署での経験は、会社全体の中における自分の役割を知るために重要です。自分の役割を知ることにより、 自身の存在意義を見出しながら仕事ができます。また、繁忙期の他部署の手伝いの際の予備知識としても非常に有効です。


成長に障がいの有無は関係ない

グループやチームのリーダー、実務の責任者にも障がいのある方がいて、指導する役割やチームをまとめる役割を担っています。障がいの有無に関係なく、 能力のある社員は責任あるポジションで活躍するチャンスがあります。こうしたステップアップやキャリアアップの道筋が わかりやすいため、次の目標を明確に設定することができます。

複数の視点からの評価で偏りを防ぐ

年に2回の賞与に関わる業績考課、4月の給与改定などの評価においては、チーム内で出した評価をグループで検討し、 さらに会社全体で総合的に判断します。一人の上司だけでなく、いろんな人のいろんな視点で見ることによって、偏った評価を防いでいます。 こうした、年に2回の評価では、自分自身の課題・チームでの課題が明らかになるので、ステップアップにつながります。


さまざまな定着サポート

長く働いてもらうためのさまざまなサポートを取り入れています。悩み事や困ったことをリーダーに相談したり、月に1度メンタルヘルスのカウンセリングを受ける機会を設けることで、心のケアやバックアップにも力を入れています。
また、社内の定着支援担当が採用の段階から関わっており、支援センターや家庭との連絡窓口としての役割も果たしています。
基本的に家庭(会社から離れた生活)のことは、支援センターに任せていますが、 会社のことは会社で解決できるような体制を整えています。時には(全社員ではありませんが)家庭訪問を行うこともあるとのこと。 会社の出来事を伝えることが難しい方の家には、直接伝えに行きご家族の理解を得ているといいます。

”人財”の育成がテーマの行事企画

キユーピーあいでは“人財”の育成をテーマに様々なイベントを実施しています。年に1度の懇親旅行では、社員3~4人による旅行委員を結成し、 企画から旅行会社との折衝や下見なども行い、大きな社内行事の成功に向けて準備をします。また、バーベキューで普段接点の少ない仲間との コミュニケーションを深めたり、年2回の会食で親会社の役員(事業責任者)と話をする機会も設けています。
また、最近ではチームごとに年間の取り組みを発表しあう「チーム発表会」も行っています。他の社員にわかるように内容をまとめたり、伝えたり・・・と、自分達の日頃の業務を振り返り、見直す良い機会になっています。
こうしたイベントは“付加価値の高い仕事”に繋がっています。

※キユーピーあいでは「人=財産」であると考えています。


 

(取締役内勤総括部長:蛭田様、

 経営企画グループCSR担当:村松様)

採用の際は「本人がどれだけ働きたい気持ちを持っているか?」という部分に重点を置いて見ています。
皆さんが、具体的に仕事に対してどのようなイメージを抱いているのか、キユーピーあいに入ってどういうことがやりたいのか?を知りたいと思っています。
自分の障がいを客観的に見て、自分に足りないところや配慮して欲しいことをきちんと自分で伝えることも大切です。
また、それ以前に“毎朝定時に出勤し仕事をする”という日常のための生活習慣、社会生活における基本的マナーも働く上では不可欠ですので、しっかりと身につけておいていただきたいと思います。業務上のスキル自体は実習や実際に仕事がスタートしてから、それぞれのペースで修得していただければよいですし、それは会社側が研修や人材教育を通してバックアップします。

我々は、“キユーピーあい”としても、障がいのある方達をもっともっと採用したいと考えていますが、弊社だけの問題でなく、障がい者雇用全体をよりいっそう活性化させたいと思っています。そのために、グループ会社における障がい者雇用支援、実習・見学の受入などにも力を入れ、一人でも多くの障がいをお持ちの皆さまが就職し自立するためのお手伝いをしていくつもりです。

 採用情報  ハローワークにお問い合わせ下さい。
 連絡先

 

 TEL 042-775-6626 (代表)

 FAX 042-770-6440 

 ホームページ

http://www.kewpie-ai.co.jp/

一歩手前で使用状況がわかるトイレランプ
 それぞれの個室トイレのドア上部に設置されたライトは、使用中に点灯します。このライトのおかげで、トイレ前の狭い廊下まで入ってこなくても、事前に使用状況が確認できるため、車いすの方などには嬉しい設備です。

 

様々な障がいに配慮した環境整備
 低い高さに設置された、空調や電灯用のボタンや、コピー機など、身体障がいを持つ社員のための配慮も行き届いています。

 

信頼が職域拡大に繋がる
 同社では、各種入力業務・伝票照合・科目仕分等の経理業務・契約書管理など、グループ会社のアウトソーシング業務も多く請負っています。細かい数字のチェック等も、ひとつひとつていねいに正確にこなします。その積み重ねが信頼を生み、新たな職域を生むことに繋がっていきます。

 

経験を活かし、活躍する
 グループ内外のホームページ制作業務にも力を入れています。今までのキャリアやスキルを発揮し、持ち前のセンスを活かして活躍する社員も多く、今後の期待が高まる職域のひとつです。