会社名



  株式会社ぱどシップ


株式会社ぱどの特例子会社、株式会社ぱどシップでは、6名の知的障がいを持つ社員が「人も街も元気にする」ことを目指し、「ロマン・ソロバン・ジョーダン」というフレーズを合言葉に、世の中の役に立って人に喜んでもらい(ロマン)、利益も生み出し(ソロバン)、やりがいを感じながら楽しく(ジョーダン)働いています。 

ひとつひとつの仕事をていねいに積み重ねると共に、常にチャレンジする気持ちを忘れない…。 

そんな、ぱどシップの社員の皆さんは、毎朝、書類や備品のたくさん詰まった鞄を抱え、それぞれ自分の担当するオフィスに向けて元気いっぱいに出発します。その姿は日を追う毎に、自信に溢れ頼もしさを感じさせるものになってきています。

 会社名  株式会社ぱどシップ 
 親会社  株式会社ぱど http://www.pado.co.jp/
 所在地

 神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1 コンカード横浜13F

 設 立  2009年3月24日
 特例子会社認定  2009年8月10日
 資本金  1,000万円
 事業内容

 社内メール便配送
 販促物作成・加工
 スタンプ押印
 DMなどの印刷・封入・封緘・発送
 各種資料セットアップ
 廃棄書類のシュレッダー処理
 伝票整理など

 

 従業員数

 6名   ※2011年2月現在
 知的障がい者 6名 (2名)
 ※( )は重度障がい者人数

『わたしたちは、あらゆる人が能力を発揮し、意欲をもち、成長をめざす機会を創り出し、

成果につなげることにより、人にやさしく元気な地域社会の実現をめざします。』



メール便配送は基本一人で、電車で

首都圏にあるグループ会社営業所(町田・立川・新宿・大宮・北千住・越谷・三田)に社内便を届ける仕事では、基本的に1人が1ルート2営業所を担当。書類や備品、PHSを携帯し公共の交通機関を使って配送を行う(体力面やコミュニケーション力を考慮し2人ペアでの行動をすることもあり)。移動や道順に慣れ、スムーズに届けられるよう、配属は6ヵ月間固定。ルートを任されることで責任感が生まれ休むことなく毎日配送に出かけて行く。

支援する立場としての工夫

業務マニュアルは、指導内容が指導者ごとに変わってしまい社員が混乱するのを防ぐため、基本的に支援する側の覚書として活用している。業務の習得はOJTがベースになっており、実際の現場で業務に携わりながら経験を積んで覚えていく。


正確に、ていねいに、そして速く

業務の基本は「正確に、ていねいに、そして速く」。一般企業での仕事として必要な要素であると意識付けしている。お客様から信頼を得て、これからも仕事を依頼してもらうため、また新しい仕事の受注に繋げるため、常にこれらを頭に入れて取り組むように指導している。

朝礼の司会は自主的に

ローテーション

毎朝実施している朝礼では、挨拶や企業理念・目標の復唱、身だしなみチェック、持ち物チェックなどを司会者が主導で行う。司会は、前日にやりたいという人に手を挙げてもらい決定。全員が自主的に担当する形でローテーションしている。


適性や能力に応じ複数の

業務を担当

社内便配送業務を終えて帰社した後は、様々な業務を分担してこなす。初めての業務は、まずチャレンジさせながら適性を見て、その後の担当者を決定。ひとつひとつ業務の習得状況も管理し、業務量や納期を考慮しながら適性や能力に応じて割り振る。一日に複数の仕事に携わることで、気持ちを切り替えながら取り組むことができる。


(取締役 大沼様)

現在、就職を希望している障がいをお持ちの皆さんにお伝えしたいのは、「チャレンジして欲しい!」ということです。

就職活動中のご本人はもちろん、その親御さんにも同様に「チャレンジしてください、チャレンジさせてください」とお願いしたいと思います。
自分にできることはここまでだろう…とか、あんなことは自分には無理だろう…などと、やる前に自分の中で勝手に限界を作るのではなく、「まずはやってみる」という精神です。 時と場合によっては、周囲の人の力を借りなければならないこともあるでしょう。 けれど、「チャレンジしてみよう」という気持ちでやってみれば、結果はどうであれ、それが次のステップにつながっていくはずです。 もちろん、やった結果、できることが増えれば、選択肢・可能性も広がります。 環境に甘んじることなく働く意志と能力を高める努力をして欲しいと思います。 

働くことで得られる物は本当にたくさんあります。 お金はもちろん、夢や愛や満足など、とても一言で表すことはできません。 まずは就職にチャレンジして、就職をしてからもチャレンジを忘れずに、自分の意識と能力を高め、働く中でたくさんのことを得て欲しいと思います。
そして、本当の意味での“自立”を目指してください。 

見学  随時受付
 採用情報

 現在は採用の情報はありません

   http://www.pado.co.jp/pado/company/csr/employee/ship/index.html

個人目標はオープンに!

半期に一度設定する個人目標は、全社員が見られるようひとりひとりが自分の言葉で文字に起こし、掲示してあります。オープンな目標管理は、ことあるごとに自分の目標を見つめなおし気持ちを奮い立たせること、また個々のがんばりをお互いたたえ合い共有することに役立っています。この目標結果や日常の評価などを踏まえた人事考課も行われ、昇給のチャンスがあります。

 

日々のルーティン作業もきっちり確認
出社したらやるべきこと、社内便配達を終えて帰社したらやるべきことなどの確認事項を明文化して掲示してあります。毎日繰り返し行うことでも、日々きちんと再確認をすることにより“正確な仕事”“ていねいな仕事”を実現させています。結果、やり直しの無い速い仕事につながっています。

 

ひとりひとりの習得状況も可視化して管理

多種ある業務について、社員ひとりひとりがどれだけ習得したか?を、一見して確認できるよう表にして貼り出してあります。これは自分が次に目指すところをわかりやすくするとともに、その時々で、それぞれの業務を誰に任せるのが最適なのか?を判断する材料としても活用されています。