障がいのある人にとって働くことはとても大切です。自立して生きていくためにはお金が必要です。社会の中で自分の役割を得て活動することによって、生きがい、やりがいは生まれるものです。社会参加をするという意味でも仕事は大切です。


これまで障がい者雇用というと車いすの人や聴覚障がいの人、あるいは内部疾患の人の問題でした。知的障がいや精神障がいの人はごく一部の軽度の人しか一般就労はできないものだと思われていました。それも小さな工場や商店のバックヤードなど目立たないところで働いているのがふつうでした。


ところが、最近は都会の大企業が知的障がいの人を積極的に雇うケースが目立つようになってきました。それを牽引しているのが「特例子会社」です。仕事の内 容や運営方法はさまざまですが、「知的障がいの社員が働くようになってから社内が明るくなった」という声をよく聞きます。


NPO法人千楽は知的障がいや精神障がいの人の一般就労を支援し、特例子会社を設立・運営する企業のお手伝いをしていきました。先進的な特例子会社がどのような運営をしているのかを取材し、これから特例子会社をつくって障がい者雇用を したいという企業や働きたい障がい者の参考にしていただこう・・・というのがこの調査の目的です。

 

障がいのある人の家族や支援機関のみなさんにもぜひ読んでいただき、障がい者の一般就労の促進のために参考にしていただければ幸いです。

 

 

2011年3月  NPO法人千楽 理事長 岸田宏司

日本財団助成事業 協力:サンクステンプ株式会社