お知らせ

イベントや講演会などの情報やちらくに関わる最新情報を掲載しています。

ちらくism

野沢和弘コラム

[ プロフィール ]
野沢和弘/千楽chi-raku 副理事長 静岡県熱海市出身。1983年早稲田大学法学部卒業、毎日新聞入社。いじめ、ひきこもり、児童虐待、障害者虐待などを報道する。論説委員(社会保障担当)を11年間務め、2019年10月退社。現在は植草学園大学副学長・教授、一般社団法人スローコミュニケーション代表、東京大学「障害者のリアルに迫るゼミ」主任講師、社会保障審議会障害者部会委員、障害者政策委員会委員なども務める。
重度の知的障害(自閉症)の子がいる。浦安市に住んでいる。
主な著書に「スローコミュニケーション~わかりやすい文章、わかちあう文化」(スローコミュニケーション出版)、「なんとなくは、生きられない。」「障害者のリアル×東大生のリアル」「条例のある街」(ぶどう社)、「あの夜、君が泣いたわけ」「殺さないで~児童虐待という犯罪」(中央法規)、「わかりやすさの本質」(NHK出版)、「福祉を食う~虐待される障害者たち」(毎日新聞社)「なぜ人は虐待するのか」(Sプランニング)など。

障がいのある人にとって働くことはとても大切です。自立して生きていくためにはお金が必要です。社会の中で自分の役割を得て活動することによって、生きがい、やりがいは生まれるものです。社会参加をするという意味でも仕事は大切です。


これまで障がい者雇用というと車いすの人や聴覚障がいの人、あるいは内部疾患の人の問題でした。知的障がいや精神障がいの人はごく一部の軽度の人しか一般就労はできないものだと思われていました。それも小さな工場や商店のバックヤードなど目立たないところで働いているのがふつうでした。


ところが、最近は都会の大企業が知的障がいの人を積極的に雇うケースが目立つようになってきました。それを牽引しているのが「特例子会社」です。仕事の内 容や運営方法はさまざまですが、「知的障がいの社員が働くようになってから社内が明るくなった」という声をよく聞きます。


NPO法人千楽は知的障がいや精神障がいの人の一般就労を支援し、特例子会社を設立・運営する企業のお手伝いをしていきました。先進的な特例子会社がどのような運営をしているのかを取材し、これから特例子会社をつくって障がい者雇用を したいという企業や働きたい障がい者の参考にしていただこう・・・というのがこの調査の目的です。

 

障がいのある人の家族や支援機関のみなさんにもぜひ読んでいただき、障がい者の一般就労の促進のために参考にしていただければ幸いです。

 

 

2011年3月  NPO法人千楽 理事長 岸田宏司

日本財団助成事業 協力:サンクステンプ株式会社