就労支援事業者、ご家族向け

会社名ライン上
株式会社京王シンシアスタッフ
会社名ライン下
株式会社京王シンシアスタッフ

“シンシア”という社名のとおり、社員に対し、何よりも“誠実であること”を望むという株式会社京王シンシアスタッフは、京王電鉄株式会社の特例子会社です。

 

親会社においては身体障がい者のみだった障がい者雇用を更に拡大し、地域の人々との共生を実現させるために設立されました。同社では知的障がいをお持ちの社員が中心になり、日々笑顔で頑張っています。 「社員のみんなが“誠実”にしっかりと仕事をしていることが“信頼”につながり、仕事が増え、また一緒に働く仲間が増えている」そういった好循環を実感しながら自分の存在意義を見出し、活き活きと活躍しています。

会社概要

会社名

株式会社京王シンシアスタッフ

親会社

京王電鉄株式会社

所在地

多摩センター事業所 / 本社
東京都多摩市豊ヶ丘1-22

設 立

2004年12月15日

特例子会社認定

2004年12月16日

資本金

1,000万円

事業内容

清掃、シーツ交換、軽作業、名刺印刷

従業員数

71名   ※2011年2月現在
知的障がい者 48名 (22名)
※( )は重度障がい者人数

企業理念

企業理念

  • ● 「ノーマライゼーション」のもと、障がい者雇用を通じて、地域に暮らす全ての人々との共生を目指します。
  • ● 京王グループにおいて、障がい者雇用の理解醸成と貢献につとめ、障がい者雇用のリーディングカンパニーを目指します。
  • ● 一人の職業人としての「意欲」と「責任感」を育み、社会人としての自立を目指します。
  • 社名“シンシア”のとおり、“誠実”な社員による、“誠実”な仕事により、信頼される会社を目指します。

教育・研修について

作業場所は日毎にローテーション

毎日同じことの繰り返しにならないよう、清掃業務は「多摩センターエリア」・「調布エリア」の2箇所を日毎にローテーションしている。乗務員の宿泊施設・グループのバス事務所・エージェンシーの本社など、いろいろな場所で様々な体験をするため、単調にならず応用力も付く。また、清掃場所の変更や交通機関での移動は、気分転換・リフレッシュにもなっている。

作業場所は日毎にローテーション

目標はチームごとに!

1チーム3~4名(プラスリーダー1名)の全12チームが、リーダーを中心にそれぞれで目標を立て、それに対する達成状況なども確認している。リーダー自身は基本的に手助けに回り、チーム内で個人個人の苦手分野などを補い合いながら、目標達成に向けて奮闘している。そこには自然と絆の強いチームワークが生まれている。

OJTを通して実践で身につける

細かい作業内容はもちろん、企業人としての心構えなども、日々の業務を通して身につけている。行動を共にするチームリーダーからの指導だからこそ、スムーズに聞き入れ、従うことができ、それが自分の力になっている。チームリーダーは、個々の生活に関することまで配慮し、相談にのったり状況に応じてフォローをしている。

京王グループの看板を背負う責任感

作業場所への移動は京王グループのバス・電車など公共交通手段を使用。グループのユニフォームを着ている=看板を背負う、ということになるため、自分達の行動についての責任感も強い。入社後の研修だけでなく、毎朝の朝礼でも安全面やマナーについての注意事項をしっかりと確認・復習し、頭に入れて行動している。

京王グループの看板を背負う責任感
これから就労を目指されている方へのメッセージ

(業務部長 河野様)

京王シンシアスタッフで採用の際に重視していることは、挨拶ができること・健康や生活の管理ができること・人の言うことを素直に聞けること…など、いくつかありますが、特に重きを置いているのが「誠実なこと」です。 誠実さというのは、社会に出て周囲の人と協調しつつ成長していくためには、欠かせない要素だと思っています。誠実であることにより人からの信頼も得られる、信頼されることがスムーズなコミュニケーションにつながる、そうすると良い人間関係を築きながら楽しく仕事に取り組むことができ、それが自己の成長につながっていきます。 せっかく一般企業に就職し、外に出て仕事をするからには、成長していかなければ意味がありません。いつも「誠実であること」を意識して、自分の成長を実感しながら社会生活を送って欲しいと思っています。 一言で“家庭環境“と言っても、それぞれ異なります。その個々の家庭環境に合わせて、その中で自分なりの自立をして、自分の存在意義を見出していけるよう、弊社も皆さんをバックアップしています。

会社見学

随時受付。 支援機関・学校・保護者などの見学を受け付けております。

採用情報

ハローワーク・支援機関・学校を通して受け付けています。
詳しくはお近くのハローワーク・支援機関・学校にお問い合わせください。

日常の風景
毎日の健康管理のための体重測定

毎日の健康管理のための体重測定
毎朝と作業を終えて事業所に戻った後、ひとりひとり体重を測定し、ホワイトボードに書き込んでいます。体重の増減を確認することで、体調の変化を見逃さないよう毎回チェックしています。

それぞれの“好きな言葉”を掲示
壁には企業理念やあいさつの基本などと共に、社員ひとりひとりの“好きな言葉” とその理由が掲示してあります。仕事に対する意欲や、日々の生活で意識していること、興味のあることや、性格など・・・“好きな言葉”にもそれぞれの個性が現れています。朝礼では一日に一人、好きな言葉を発表し、自分の言葉で説明する機会を設けています。

それぞれの”好きな言葉”を掲示
indexに戻る

日本財団 助成事業 協力: テンプスタッフフロンティア株式会社