HOME 
東京都 世田谷区
社会福祉法人武蔵野会 世田谷区立世田谷福祉作業所
せたふくのクッキー・パウンドケーキ
世田谷福祉作業所/せたふくのクッキー&パウンドケーキ 多くの美術館や劇場、文学館など、アートやカルチャー面も色濃い東京都世田谷区。
老舗店や有名な和洋菓子も多いこの地域で、人気上昇中のお菓子があります。
そのお菓子を製造しているのは、「せたふく」と呼ばれ親しまれている世田谷区立世田谷福祉作業所。 三軒茶屋駅から徒歩15分、公園や木々の多い、閑静な集合宅街を抜けた所にありました。
おすすめ商品
SLサブレ ノエルナッツボール ハート型チョコパウンドケーキ  
SLサブレ ノエルナッツボール ハート型チョコパウンドケーキ  

せたふくのクッキー・パウンドケーキ

作業風景

世田谷公園のシンボル、ミニSL「ちびくろ号」が目印!

種類も豊富な世田谷区立世田谷福祉作業所(以下、せたふく)の焼き菓子達。
代表作のSLサブレは、焼き上がりのサクッとした食感とバターの風味がたまらない一品です。 優しく素朴な味わいは、紅茶はもちろん牛乳から緑茶まで合うので、子供から年配の方まで人気です。 表面にかたどられたSLのモチーフは、世田谷公園で毎日(水曜定休)に走っているミニSL「ちびくろ号」に由来しているもの。作業所の入り口にあるのぼり旗を見て、通りすがりに買っていく人も多いのだとか。
SLサブレとノエルナッツボールを代表に、オレンジ・チョコ・フルーツのパウンドケーキや、ころんとした丸い形がかわいらしく食べやすいショコラノエルも大好評です。特にパウンドケーキはホール(1200円)から1/8カット(180円)、ハート型(小120円、大180円)とサイズもバリエーション豊富なので、毎日のおやつからパーティー、会合まで、様々なシーンに合わせてご購入いただけます。

厳選素材と職人技が織り成す温もりのお菓子

せたふくのクッキー&パウンドケーキは、素材の品質にこだわっています。
小麦粉は無漂白の全粒粉、バターは焼き上がりの香りと風味が豊かな発酵フレッシュバター、チョコレートはベネズエラ産のカカオ豆を100%使用。そして作り方は部外秘というほどの職人技で、利用者がひとつひとつ丹精に手作りしています。
「素材のこだわりは落としません。それをやってしまったら既製品のお菓子と匹敵しなくなってしまいますから。」
と話すのは施設長の森さん。厳選した素材で作り続けてきた「変わらない味」だからこそリピーターも徐々に増え、「おいしかったです」とお客さんから手紙を頂いたこともあり、皆で喜んだと言います。
それは、“障がい者の授産商品”であることに甘んじることなく、高品質の商品を自分達で作り上げ販売していくという本格思考と、日々の利用者達の努力が生んだ一つの成果なのでしょう。作り手から受け手、受け手から作り手へ。
お菓子が繋げる温もりの輪が、世田谷の人々の中に広がっているようです。


施設紹介:自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ
一人ひとりに寄り添い、それぞれの個性や能力を生かした支援

約50名の知的障がいを持った利用者が登所するせたふくでは、クッキー作りの他にも、牛乳パックを再利用した紙すきで名刺やハガキ、カレンダーなどを作っています。見た目も手触りも優しい紙すきは、名刺等以外にも注文に沿った商品を作ることが可能で好評を得ています。取材当日はお菓子班も紙すき班も、職員の指導の下手際よく作業が進められていました。
一年毎に利用者の希望を聞き、それぞれの状況や能力を考慮して作業を任せるのですが、設立して42年が経つ今も、理念を忘れることなく常に利用者の声を尊重していることがうかがえます。
区の行事や近隣の幼稚園、大学、企業内などで販売を続けているうちに地域の人からの認知も高まり、年々収入も増えているのだとか。 さらに2009年に世田谷で行われた絵本作家・堀内誠一さんの展示会で出すお菓子を作ってくれないかと依頼を受け、堀内さんが絵を担当した代表作「ぐるんぱのようちえん」(福音館書店出版/1966)にちなんでひまわり型のビスケットを作ったことまであるそうです。地道な販売が芽を吹き、確実に販路とファンが拡大している事を受け、森さんは今、思い描いていることがあると言います。

今後への展望
作業所内に常設の喫茶室を! 〜需要と生産量の均衡化を目指しながら・・・〜

「作業所内に喫茶室を作ろうかと思っているんです。丁度、10年計画でこの辺の都営住宅と一緒に一度壊して新築されるので、それを機に、いつでもせたふくのお菓子が買える場所を作ろうかと。
年々高齢化が進む都営住宅の中にあることから、地域の人々の憩いの場に少しでもなれたら、とも思いますし。」と森さん。能力給の為それぞれに差がある工賃も、「来年は倍増を目標にしています。年2回のボーナス額も上げてあげたい。」と意欲的。
温もり度100%のお菓子と、地域に密着した事業展開で、今後の躍進が期待されるせたふくでした。


施設長 森さん たくさんの人に知られるようになって、SLサブレとノエルナッツボールが、世田谷のイチオシのおみやげを紹介する「世田谷みやげ」(財団法人世田谷区産業振興公社出版)に選定されるほどになりました!
写真:森さん(施設長)


ご注文方法
せたくふのクッキー&ケーキ、紙すき製品のご注文はこちらから!
「世田谷福祉作業所」の商品を、全国の皆様にお届けします!
商品の梱包・発送も施設で働く障がい者の方が丁寧に手作業で行っています。
ご家庭用はもちろん、お歳暮などのギフトとしても、ぜひご利用ください。
製造者
商品紹介ページ: http://www10.ocn.ne.jp/~setafuku/sub5.html
(※外部サイトが立ち上がります。)
平成21年度厚生労働省「障害者自立支援調査研究プロジェクト」の報告書として作成したものです。 そのため、下記の内容は変更点が生じている恐れ があります。
現在の内容につきましては、各施設にお問い合わせください。
インターネット以外でのご注文はこちらまで
お電話でのご注文:03-3414-0141 (受付時間:月〜金、08:30〜17:30 土日祭日休み)
FAXでのご注文   :03-3412-1084